タレカツ丼

新潟県の『タレかつ丼』

  • 新潟県

新潟市を中心とする地域では『タレかつ丼』がメジャーな存在

新潟市を中心とする地域では、カツ丼というと『タレかつ丼』がメジャーな存在です。

『タレかつ丼』とは、玉子ではとじず、揚げたて薄めの衣のトンカツを、甘辛醤油ダレにくぐらせ、ごはんの上にのせたカツ丼です。トンカツにする豚肉も薄めな(豚肉の筋を念入りに叩き柔らかく・薄めに仕上げる)ため、2枚以上のトンカツをのせる店舗が多いです。

また、新潟県と言えば米どころとしても有名であり、ご飯の上に直接タレかつをのせることで、ご飯そのものの美味しさと、タレと相まみえるご飯の美味しさの両方を味わえます。

新潟タレかつ丼の発祥店とされるのが、屋台から創業した昭和初期からの老舗店『とんかつ太郎』さんです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください