福島県のソウルフード

主に福島県におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)のリストになります。

  • 名称
    地域
    備考
  • いか人参
    福島
    • 細切りにしたスルメと人参を、醤油や酒等で味付けし和えた郷土料理管理スタッフ
    • いかにんじん
  • ままどおる
    福島
    郡山市のメーカー『三万石』が販売する、バターの入った生地でミルク味のあんを包み込んだ菓子。株式会社三万石
  • 味噌かんぷら
    福島
    小さいじゃがいもを皮を付けたまま油で炒めて火を通し、味噌と砂糖を加え味が染みるまで煮込んだ福島の郷土料理。福島市役所
  • もも
    福島
    福島はももの消費量がダントツで全国1位。生産量も上位。管理スタッフ
  • 酪王カフェオレ
    福島
    福島の地元メーカー『酪王乳業』が販売しているカフェオレ。サンドウィッチマンの伊達さん曰く、日本で一番美味しい水分。管理スタッフ
  • 冷やしラーメン
    福島県会津坂下町
    (ばんげまち)
    冷やし中華とは別もので、普通のラーメンと同じ様にスープ(冷たい)はたっぷり。スープが特に人気で地元民曰く『飲むラーメン』らしい。極上の会津プロジェクト協議会
  • 会津ソースカツ丼
    福島県会津若松市
    • ご飯に千切りキャベツをのせ、その上にソースをたっぷり絡めたトンカツをのせた丼物。ウスターソースをベースにトマトケチャップや酒などを加えたオリジナルソースが多い。福島TRIP
    • aizuso-sukatsudon
  • こづゆ
    福島県会津若松市
    • ホタテの貝柱で出汁をとり、豆麩(まめふ)、人参、里芋、こんにゃく等が入った汁物料理。会津塗りの椀にもられる。管理スタッフ
    • こづゆ
  • 喜多方ラーメン
    福島県喜多方市
    • 大正末期・昭和初期から福島県喜多方市に根付いている、一般的に麺は太麺、スープは醤油ベースのスープを基本とするご当地ラーメン。『札幌ラーメン』『博多ラーメン』とともに、日本三大ラーメンの一つとされる。蔵のまち喜多方 老麺会
    • 喜多方ラーメン
  • クリームボックス
    福島県郡山市
    • 福島県郡山市を発祥とする、厚めの食パンにミルククリームをたっぷりと塗った菓子パン。福島TRIP
    • クリームボックス
  • 白河ラーメン
    福島県白河市
    • 麺はちぢれ麺、スープは鶏ガラ醤油ベースのラーメン。とら食堂が発祥とされ、現在市内には100軒を超える店があるという。白河観光物産協会
    • 白河ラーメン
  • なみえ焼きそば
    福島県浪江町
    浪江町は、2011年3月11日に発生した東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の影響で、2016年2月現在も「帰還困難地域」が大多数を占める。(wikiより)
    現在は他の地域や移動販売、イベント等で食べることができる。
    詳細は新着情報等で管理スタッフ
  • 西会津味噌ラーメン
    福島県西会津町
    野菜の甘み・旨みが際だつほどたっぷりの野菜を煮込んだ味噌ラーメン極上の会津プロジェクト協議会
  • 円盤餃子
    福島県福島市
    • 昭和28年創業の『満腹』が元祖とされ、フライパンに餃子を放射状に並べて焼き上げ、そのまま丸い大皿に盛り付けるところから『円盤餃子』と言われる。餃子で一杯やるというスタイルが基本。『ふくしま餃子の会』がある。マイナビニュース
    • 円盤餃子
  • 福島焼き鳥
    福島県福島市
    福島市は『全国七大やきとりの街(都市)』の一つ管理スタッフ
  • ※上記の内容は、その地域におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)として、一般的に認知度が高いと考えられるもの、あるいは信頼性が高いと考えられる情報をもとに掲げていますが、あくまでも『ソウルフード.jp』の独断によるものです。
  • ※内容によりましては、今後、修正・削除する場合もあります。ご了承ください。