道北エリア(旭川・富良野・稚内等)

主に北海道の『道北エリア(旭川・富良野・稚内等)』におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)のリストになります。

  • 名称
    地域
    備考
  • 旭川醤油ラーメン
    旭川
    旭川を中心に古くから根付いている醤油ベースのご当地ラーメン。北海道内では、札幌ラーメンの『味噌ラーメン』、函館ラーメンの『塩ラーメン』、旭川ラーメンは『醤油ラーメン』がその代表格とされる。管理スタッフ(北海道民)
  • ゲソ丼
    旭川
    揚げたイカのゲソ(足)とご飯を甘辛のタレで頂く丼物。もともとは立ち食いそば店のサイドメニューの一つで、そばと一緒に頂くという感じから派生し、ゲソ丼好きになるとゲソ丼がサイドメニューではなくメインに…というイメージが強い。管理スタッフ(北海道民)
  • 新子(しんこ)焼き
    旭川
    戦後の旭川で誕生した若鶏の半身焼き。名前の由来はコハダのような出世魚の小さい頃や、芸者さんや職人の間では若い新人のことを『新子』と呼び、若鶏を使うところから新子焼きと命名。旭川名物「新子焼き」の会
  • 塩ホルモン・トントロ
    旭川
    旭川が発祥とされる塩ベースの豚ホルモン焼き。また、豚の頬から首・肩部分の肉をトントロやPトロと呼び、同じく塩ベースの味付けで焼いて頂く。ちなみに北海道で単に『ホルモン(焼き)』といった場合、牛ホルモンではなく豚ホルモンをさすことが多い。管理スタッフ(北海道民)
  • モルメン
    旭川
  • ハムたい
    富良野
    ハムマヨが入っているたい焼き管理スタッフ(北海道民)
  • チャーメン
    稚内
    見た目は具沢山のあんかけ焼きそば。麺の焼き方や味付け等は店舗によって様々で、チャーメンとあんかけ焼きそばを別料理として扱う店舗もある。北海道ファンマガジン
  • ※上記の内容は、その地域におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)として、一般的に認知度が高いと考えられるもの、あるいは信頼性が高いと考えられる情報をもとに掲げていますが、あくまでも『ソウルフード.jp』の独断によるものです。
  • ※内容によりましては、今後、修正・削除する場合もあります。ご了承ください。