秋田県のソウルフード

主に秋田県におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)のリストになります。

  • 名称
    地域
    備考
  • あさづけ
    秋田
    米粉と砂糖、酢をまぜてとろみがつくまで熱したものを冷やし、缶詰みかんやきゅうりを盛り付けた甘酸っぱいデザート。『粉なます』『こざき練り』とも呼ばれる。あきた食の国ネット
  • アベックトースト
    秋田
    1951(昭和26)年創業のパンや菓子の製造・販売を手がける『株式会社 たけや製パン』さんが作る、イチゴジャムとマーガリンをサンドした食パン。その他『バナナボート』も人気。株式会社たけや製パン
  • 稲庭うどん
    秋田
    • 稲庭(いなにわ)うどんは、秋田県南部、稲庭地区(湯沢市)の手延べ製法による、ひやむぎよりは太い細めの干しうどんで、300年以上の歴史を有するうどん。管理スタッフ
    • 稲庭うどん
  • いぶりがっこ
    秋田
    • 大根を燻煙乾燥させてつくる、秋田を代表する漬物。写真はいぶりがっこのクリームチーズサンド。管理スタッフ
    • いぶりがっこ
  • きりたんぽ(鍋)
    秋田
    • かためのご飯をつぶして練ったものを、ちくわのように棒に巻き付けて焼く郷土料理(たんぽ)。たんぽを棒から外し、食べやすく切ったもの(切りたんぽ)を、鶏がら醤油ベースのスープで煮込んだ鍋料理がきりたんぽ鍋。管理スタッフ
    • きりたんぽ
  • しょっつる鍋
    秋田
    しょっつる(ハタハタを発酵させて作った魚醤)をベースに、ハタハタとブリコと呼ばれるハタハタの卵、白菜やきのこ、春菊などの野菜を入れた鍋料理。管理スタッフ
  • だまこもち
    秋田
    ご飯をつぶして丸めた団子。きりたんぽのルーツとなっている秋田の郷土料理。管理スタッフ
  • ハタハタ
    秋田
    • 秋田県の県魚。白身魚で身が柔らかく食べやすい。卵は『ブリコ』と呼ばれる。管理スタッフ
    • はたはた
  • バナナボート
    秋田
    1951(昭和26)年創業のパンや菓子の製造・販売を手がける『株式会社 たけや製パン』さんが作る、バナナとホイップクリームを包んだスポンジケーキで、まるごとバナナの元祖とも言われる(バナナボートの方が製造・販売が先)。その他『アベックトースト』も人気。株式会社たけや製パン
  • ババヘラアイス
    秋田
    • 秋田の夏の風物詩。道路脇でビーチパラソルを立て露天販売されている氷菓子の一種。名称は中高年の女性が、金属製の『ヘラ』を使ってアイスをコーンに盛りつけるところから。管理スタッフ
    • ババヘラアイス
  • ぼだっこ
    秋田
    塩辛い・塩気が強い鮭。秋田県民が大好きな『筋子(すじこ)』と同様に、おにぎりの定番の具材。たべぷろ
  • 秋田チャンポン
    秋田県秋田市
    麺は太麺、あんかけアツアツの具沢山のチャンポン。特に味噌チャンポンが人気。創業30周年を超える秋田市の『チャイナタウン』さんが元祖とされ、佐々木希さんもお気に入り。ラーメンショップ チャイナタウン
  • 自販機の
    うどん・そば
    秋田県秋田市
    • 秋田港にある自動販売機で売られているうどんとそば。現在は『道の駅あきた港 セリオン』に設置されている。管理スタッフ
    • 秋田県 自販機のうどんそば
  • ナガハマコーヒー
    秋田県秋田市ほか
    秋田市を中心に展開するご当地ローカルチェーン『ナガハマコーヒー』さん。創業1982(昭和57)年の老舗コーヒー店で、ブラジル政府公認のクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)の資格を持つスタッフが良質な生豆を厳選して仕入れている。キャッチフレーズは『秋田の朝はナガハマコーヒーから…』ナガハマコーヒー
  • 鹿角ホルモン
    秋田県鹿角市
    鹿角市(かづのし)の名物で、甘辛い味噌ベースのたれに漬け込んだ豚・牛の内臓を、ジンギスカン鍋で焼いて煮ながら食べるホルモン。鍋いっぱいのたっぷりのキャベツと一緒に頂くのが一般的。なんも大学〜秋田のいいとこ
  • バター餅
    秋田県
    北秋田市
    • 北秋田市で40年以上前から地元で食されてきた郷土菓子。もち米にバターや小麦粉等を混ぜて作られる餅菓子。管理スタッフ
    • バター餅
  • じゅんさい
    秋田県三種町
    じゅんさいとはゼリー状のぬめりがあり、ツルツル食感が特徴の水草で、そのみずみずしさの見た目から『食べるエメラルド』とも。秋田県三種町は、じゅんさいの生産量が日本一。日本のじゅんさいの約9割が三種町で生産されているという。初夏から夏にかけてが旬のため、秋田夏の風物詩の一つである。マイナビ農業
  • 本荘ハムフライ
    秋田県由利本荘市
    豚肉100%のプレスハムを小麦粉・卵・パン粉をつけて油で揚げたフライ。昭和30年代から、おやつやおかず、学校給食のメニューの一つとしても愛されている由利本荘市の地元グルメ。本荘ハムフライ ハム民の会
  • 横手やきそば
    秋田県横手市
    • 『富士宮やきそば』『上州太田焼そば』に並ぶ日本三大やきそばの一つ。太くて真っ直ぐな角麺を使用し半熟目玉焼きがトッピングされ、福神漬けが添えられる。横手やきそば暖簾会
    • 横手焼きそば
  • ※上記の内容は、その地域におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)として、一般的に認知度が高いと考えられるもの、あるいは信頼性が高いと考えられる情報をもとに掲げていますが、あくまでも『ソウルフード.jp』の独断によるものです。
  • ※内容によりましては、今後、修正・削除する場合もあります。ご了承ください。