味噌煮込みうどん

名古屋めしの代表格『味噌煮込みうどん』

  • 愛知県

土鍋で提供される熱々のうどん

『味噌煮込みうどん』とは、1人用の土鍋で提供される、アツアツグツグツと煮込まれた赤みそベースの濃厚なお出汁が特徴的なうどんです。

麺は小麦粉と水だけで作り、塩は入れません。塩を入れないことで煮込んでもうどんのコシが残り、汁が塩辛くなるのを防ぐためです。

味噌煮込みうどんのルーツは諸説ありますが、その基本は山梨県人のソウルフード『ほうとう』にあると言われます(ほうとうも小麦粉と水だけで作り、塩は入れません)。そもそもは家庭料理として食べられることが一般的でしたが、名古屋を中心に外食店にも普及し、現在は数多くの飲食店で取り扱っています。

味噌煮込みうどんは土鍋で提供され、保温のために蓋(ふた)がされていることが多いですが、店舗によってはこの土鍋のふたに空気穴がないものがあります。これは、うどんや汁を蓋によそい、取り皿として使うためです(空気穴があると漏れてしまうので)。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください