ソウルフード.jpより

もはやスイーツ『長崎の胡麻豆腐』

  • 長崎県

プリンのような胡麻豆腐

そもそもは精進料理の一つとして伝えられた『胡麻豆腐』は、奈良県や和歌山県の郷土料理として有名ですが、『長崎の胡麻豆腐』はスイーツ感覚で頂ける胡麻豆腐として人気です。

『長崎の胡麻豆腐』はプリンのような甘さと、モチモチな食感が特徴の胡麻豆腐です。煎り胡麻をベースに作るため茶色に仕上がり、見た目からスイーツ感あふれる胡麻豆腐です。

鎖国政策をとっていた江戸時代、唯一、諸外国との貿易窓口となっていたのが長崎県の出島です。この出島を窓口として、オランダや中国などから砂糖が輸入されました。

当時、砂糖は大変貴重な存在でした。
この砂糖をたっぷりと使い『おもてなし』の逸品として、長崎の胡麻豆腐が振る舞われ、古くから親しまれてきました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください