ソウルフード.jpより

日本人のソウルフード『ナポリタン』の発祥は?

  • 神奈川県

日本発祥のパスタ料理

コシのない太めのスパゲッティと、ベーコンやソーセージ、玉ねぎ、ピーマンなどの具材を、トマトケチャップで炒めたスパゲッティ『ナポリタン』。
老若男女から愛される、まさに日本人のソウルフードと言えるでしょう。

『ナポリタン』は日本発祥のパスタ料理で、その発祥は横浜・山下町の老舗ホテル『ホテルニューグランド』さんと言われ、1934(昭和9)年のメニューにはすでに掲載されています。

ソウルフードとなった原点

また、当時高級品だった生トマトの代用としてケチャップを使い、ナポリタンが庶民のソウルフードとして広まる原点を作ったのが『センターグリル』さんと言われます。

戦後間もない1946(昭和21)年に創業した老舗洋食店『センターグリル』さんは、『安くて栄養のある美味しいものを、沢山の人に気軽に食べてもらおう』をモットーに、現在まで変わらぬ味を提供し続けている町の洋食屋さんです。

ナポリタンの他にも、ふわふわ卵とじっくり煮込んだデミグラスソースが自慢の『特製オムライス』や、そのオムライスにチキンカツとサラダがのった『浜ランチ』も人気です。
器も創業当時から使っているという、昔ながらの懐かしいステンレス製の器で昭和のレトロ感たっぷりの老舗店です。

横浜は、中華街はもとより、老舗洋食店も多く、さらにナポリタンを提供する銘店も数多いと言われるグルメな街です。色々と食べ歩いて、ゆっくり堪能したい街ですね。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください