ソウルフード.jpより

昭和の時代から愛されている駄菓子『満月ポン』

  • 大阪府

ポンせん・ポン菓子で食べ過ぎてしまう…

大阪・関西を中心に、昭和の頃より愛されている駄菓子『満月ポン』。

満月ポンとは、小麦粉、水、塩、しょうゆ、砂糖などを混ぜ合わせた生地に、圧力を加えて焼き上げる駄菓子です。
いわゆるポンせん・ポン菓子で口当たりが軽く、ついつい食べ過ぎてしまうヤバいソウルフードです。

1958(昭和33)年創業の老舗『松岡製菓』さんが製造販売しています。

大阪では昔、ポンせんを焼いていたところが多かったそうですが、今はかなり減少しているようです。松岡製菓さんがある大阪加賀屋でも昔は20軒程あったそうですが、今は松岡製菓さん1軒のみという状況です。

定番の醤油味のほか、濃い醤油味、沖縄塩味、黒みつしょう油味などもあります。

そのまま駄菓子としてももちろん、最近は、チーズやマヨネーズをトッピング・ディップし、トマトなどの野菜や生ハムなどと一緒に頂くのも人気で、お酒のアテにもばっちりです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください