辛子明太子

福岡から全国へ『辛子明太子』

  • 福岡県

福岡はたらこの消費量が日本一

言わずもがな福岡名物であり、福岡お土産ソウルフードの定番『辛子明太子』。
ちにみに、福岡はたらこの消費量が日本一の県(参照:地域の入れ物)です。

辛子明太子は、スケトウダラの卵『たらこ』を塩漬けし、唐辛子、昆布、醤油、砂糖等で味付けし発酵させた、辛味と旨味が絶妙に調和したご飯のお供です。

その発祥は朝鮮半島釜山の料理で、それを日本人向けに改良したのが福岡に本社を置く『ふくや』さんの創業者 川原俊夫氏と言われます。

株式会社ふくやさんは、1948(昭和23)年、戦後の焼け野原から復興し始めた福岡市博多区中洲で創業します。その後、日本人向けに創意工夫を重ねた『味の明太子』を販売したことをきっかけに、辛子明太子は全国に広まりました(諸説あり)。

ご飯のお供としてはもちろん、明太子パスタやうどん、パン、明太子入り玉子焼きなどの一品料理としても、今や様々なレシピが存在しますが、それも『ふくやさん・川原氏』が明太子のレシピを独占せずに他者にも教え、明太子の認知・市場を広めたからこそ生まれたと言えるでしょう。
福岡を訪れた際にはぜひ味わいたいものです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください