デミカツ丼

岡山でカツ丼と言えば…『デミカツ丼』?

  • 中国・四国

岡山でカツ丼と言えば『デミカツ丼』?

日本全国、カツ丼と言っても玉子でとじたカツ丼だけではない。
同じカツ丼と言っても地域によって様々だ。

名古屋めしの代表格『みそカツ丼』をはじめ、福井県・長野県などの『ソースカツ丼』、新潟県の醤油ベースの『タレかつ丼』もある。

同じように、岡山でカツ丼と言えば『デミ(ドミ)カツ丼』がメジャーな存在。

岡山市民のソウルフード『デミカツ丼』とは?

デミカツ丼とは、ご飯の上に千切りキャベツとトンカツをのせ、デミグラスソースで頂くカツ丼。
(店舗によっては茹でキャベツを使い、またキャベツをのせない店舗もある。)

デミカツ丼は岡山市の老舗料理店『味司 野村』が発祥とされ、秘伝のデミグラスソースは、昭和6年創業以来引き継がれているという。

また、岡山市中心市街地では、ラーメンスープの出汁が、デミグラスソースのベースとしても利用できることから、このデミカツ丼を提供しているラーメン店も多く、ラーメンとセットで注文する人も…

洋食屋さんだけではなく、ラーメン屋さんでも食べることができるというソウルフードぷり。愛されていますね~

コメントを残す