あなごめし

広島・宮島名物『あなごめし』

  • 広島県

秘伝のタレで焼き上げた穴子のかば焼きをのっけた丼・飯

あなごを、醤油やみりん、酒などを使った秘伝のタレで焼き上げたかば焼きを、ご飯にのっけた丼・飯『あなごめし』。

瀬戸内海宮島の沿岸では古くからあなごが獲れ、漁師料理から地元の郷土料理へと根付いたとされます。

特に廿日市市(はつかいちし)宮島口の、創業明治34年(1901年)の老舗『うえの』さんは有名です。
宮嶋駅の駅売弁当として販売したのがはじまりで、『あなご飯弁当』は全国駅弁第一位の実績もあります。

現在は多数の飲食店などで、広島・宮島名物、宮島参拝客の食事・お土産として販売されています。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください