つばめグリルのつばめ風ハンブルグステーキ

ビーフシチューがソースのハンバーグ!つばめグリル

  • 関東

1930年創業の洋食レストラン『つばめグリル』

東京都・神奈川県にて展開する、新橋にて1930(昭和5)年に創業した老舗洋食レストラン『つばめグリル』さん。

その名称は『特急つばめ』から採られました。
創業時の昭和初期に活躍していた『特急つばめ』が、新橋駅には停車しないことになります。地元の人々にはこれまで新橋にも停車していたというその歴史を残したいという思いがあり、その思いを新橋駅寄りにあった同店がくみ『つばめグリル』という名称にしたそうです。

看板メニューは『つばめ風ハンブルグステーキ』

アルミホイルで包まれ、ふっくらとふくらんだハンブルクステーキ(ハンバーグ)に、たっぷりの自家製ビーフシチューをかけた『つばめ風ハンブルグステーキ』は、1974年に誕生した看板メニューです。

つばめグリルのハンブルクステーキ

ハンバーグはもとより、たっぷりとかけられたソース、ビーフシチューが食欲をあおります(ビーフシチューとハンバーグとは何とも贅沢な逸品です…)。

昭和40年代、魚や肉などを包んで蒸し焼きにするパピヨット料理をヒントに開発され、アルミホイルで包むことで旨味が凝縮され絶妙に絡み、さらに、そのまま提供する演出が受けて人気商品に。

トマトのファルシーサラダも人気メニュー

つばめグリル トマトのファルシーサラダ

湯むきした丸ごとトマトに、チキンサラダを詰めた『トマトのファルシーサラダ』は、つばめグリルを代表するサラダ。他ではなかなかお目にかかれないと思いますので、ぜひぜひ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • カテゴリ:関東
  • キーワード: