ソウルフード.jpより

兵庫県のお土産ソウルフードの一つ『炭酸せんべい』

  • 兵庫県

有馬温泉の炭酸泉

『炭酸せんべい』とは、小麦粉・砂糖などに温泉の炭酸泉水を加えて混ぜ合わせ、直径10cm程の円形の焼き型に流しこみ、厚さ1mm程に薄く焼き上げたせんべいです。
表面は各店舗オリジナルのエンボス調デザインが施されています。
(ちなみにシュワシュワとはしません)

明治時代に創業した『三津森本舗』さんが有馬温泉の炭酸泉を利用して作り、その発祥の地から『有馬せんべい』と言う方も。

有馬温泉の他、同じく兵庫県を代表する温泉、城崎(きのさき)温泉、宝塚温泉の銘菓ともされ、また、『温泉煎餅』という名で販売されているものもあります。

最近は、バニラクリームやいちごクリーム、チョコレートなどをサンドした炭酸せんべいも販売され、兵庫県のお土産ソウルフードとしても人気です。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください