かんぴょう巻

国産かんぴょうの9割以上を生産する栃木県

  • 栃木県

栃木の代名詞とも言われる

『かんぴょう』とはユウガオの実を細長くむいて、太陽の陽で干したものです。

栃木県は、国産かんぴょうの9割以上を生産する日本一の産地で、栃木の代名詞とも言われる程。

栃木県をはじめとする関東地域では、主に甘辛く煮込んだものを寿司ネタとして細巻きにして(かんぴょう巻)食べますが、煮物や味噌汁の具材として頂くこともあります。

関東では『かんぴょう巻は寿司文化の一つ』とも言われるほどメジャーですが、関西・西日本ではあまり馴染みがないようです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください