ソウルフード.jpより

浅草銘菓・東京お土産ソウルフードの一つ『雷おこし』

  • 東京都

雷門に由来する浅草を代表する銘菓

『雷おこし』は、米や粟などを蒸して餅状にしたものを煎り、水飴や砂糖、ピーナッツなどを混ぜ合わせて固めた、ねっちり・サクサク食感の郷土菓子・和菓子です。

その名前は、東京浅草の『雷門』に由来するとされ、浅草を代表する銘菓です。

そもそも『おこし』は、 日本で最も古い歴史を持つお菓子といわれ、奈良・平安時代の頃より、神への豊作祈願として捧げられていたと言われます。
浅草にも『おこし』は伝わり販売され、その後、江戸時代には雷門とともに浅草名物・ブランド化され『雷おこし』として人気を博すようになります。

今や浅草はもとより、全国的にも知られる東京お土産ソウルフードの一つです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください