(写真はイメージです。)

食文化『なごやめし』~昔ながらの鉄板イタリアンスパゲッティ(鉄板ナポリタン)

  • 中部

名古屋が発祥の地『鉄板イタリアン』

大阪ソウルフードにも負けず劣らず、今や全国的にも有名な愛知県名古屋市を中心とする食文化『なごやめし』

その中からまずは、名古屋が発祥の地とされる『鉄板イタリアン(ナポリタン)』

ウィンナーやピーマン、玉ねぎなどと一緒に、トマトケチャップ味で炒めたイタリアンスパゲッティと、とき卵がアツアツな鉄板の上に。

様々な呼名の昔ながらのスパゲッティ

地元では別名、鉄板スパ、イタリアン、イタスパ、鉄板ナポリタンとも呼ばれる。

喫茶店で気軽に食べることができ、最近の『パスタ』という表現よりも、昭和をイメージさせる、昔ながらの『スパゲッティ』という表現がまさにぴったりなソウルフード。

  • ※鉄板イタリアンの元祖は『喫茶ユキ』で、1961年に誕生。当時、店主がイタリア旅行でスパゲティを食した際、途中で冷めてしまうのを不満に思い考案したもの(wikiより)
  • ※ちなみに関東や東北等、地域によっては『ナポリタン』と『イタリアン』は別物で、トマトケチャップを使わず塩コショウや醤油等で味付けしたものを『イタリアン』と呼ぶ地域もある。
  • ※上記写真は北海道の喫茶店で注文した『鉄板ナポリタン』の写真
    (北海道における名称は『ナポリタン』で、とき卵は無いのが主流。)

コメントを残す

  • カテゴリ:中部
  • キーワード: