ソウルフード.jpより

銚子名物の一つ『カレーボール』

  • 千葉県

1日1万個も売れるおでん種

江戸末期に創業した老舗店『嘉平屋(かへいや)』さん。
銚子港で揚がった新鮮な魚を原料とするかまぼこや、はんぺんなどの練り物を販売するお店です。

中でも定番商品は『カレーボール』で、銚子名物の一つとも言われます。
魚のすり身にカレー粉を混ぜ合わせ団子状にして揚げた、カレー風味のかまぼこです。

おでん種やお惣菜としてはもちろん、子供のおやつや酒の肴としても大人気。
昭和30年代から販売され、多い時には1日1万個も売れるそうです。

銚子のお土産ソウルフードとしても人気で、出没!アド街ック天国にも登場しています。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください