群馬県桐生市・前橋市のソースカツ丼

群馬県桐生市・前橋市の『ソースカツ丼』

  • 群馬県

桐生市はソースカツ丼の発祥を謳う地域の一つ

群馬県桐生市(きりゅうし)は『ソースカツ丼』の発祥を謳う地域の一つです。

桐生市・前橋市の名物である『ソースカツ丼』は、揚げたてカツ(ヒレ・ロースは店舗により異なる)を、さっぱりとした甘辛でさらっとしたウスターソース系ソース(ほぼタレといって言いくらいシャバシャバ系)にくぐらせ、ご飯にのせたカツ丼です。

桐生市のソースかつ丼の元祖『志多美屋本店』さん

桐生市のソースかつ丼の元祖とされるのが『志多美屋本店(したみやほんてん)』さん。1926年創業のほぼ100年間愛され続ける老舗店です。

志多美屋本店さんは、そもそもは『うなぎ屋』さんから始まり、そこから様々なメニューを提供する食堂へと発展。

その流れから、志多美屋さんのソースカツ丼は『うなぎのタレ(醤油にみりん等を加えたもの)』をベースにし、それにウスターソース等を加え作りだしたオリジナルソースを使ったソースカツ丼です。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください