山梨県のカツ丼

出典:農林水産省Webサイト

山梨県甲府市の『後掛けソースで頂くカツ丼』

  • 山梨県

山梨県甲府市の一般的なカツ丼

山梨県甲府市を中心とする地域で、一般的な食堂で提供される『カツ丼』は、ご飯・千切りキャベツの上に、揚げたてサクサクのトンカツが、そのままのってくるカツ丼がメジャーで、後掛けソースで頂きます。

玉子でとじたカツ丼ではなく、また、他の地域のソースカツ丼のようにソースにくぐらせて提供するものでもなく、お好みで後掛けするタイプのカツ丼なため、トンカツのサクサク感を楽しめるカツ丼です (提供直前に、お店側でオリジナルソースを掛けて提供する店舗もあり)。

また、お店によっては千切りキャベツのほか、ポテトサラダ等も一緒にのせるお店もあります。

煮カツ丼とは別物

玉子でとじたカツ丼は『煮カツ丼』と呼ばれ区別され、『カツ丼』というと後掛けソースで頂くカツ丼の方が、甲府市周辺地域では一般的と言われています。
さらに煮カツ丼と区別するため、『甲州カツ丼』や『山梨カツ丼』と呼ぶ場合もあります。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください