藤枝市の朝ラー文化

出典:静岡県観光協会

え、朝からラーメンを食べる文化?しかも2杯も!?静岡県藤枝市の朝ラー文化

  • 中部

藤枝市の朝からラーメンを食べる食文化

静岡県藤枝市の朝ラー文化。

その名前のとおり、藤枝市には朝からラーメンを食べる食文化がある。

しかも、朝から2杯も…
温かいラーメンの次に、冷たいラーメンを食べるのが藤枝流なんだとか。
(幸いにしてこってり系ではなく、基本は鰹醤油ベースのあっさり系)

朝ラーが定着した理由は藤枝市がお茶の産地だから

藤枝市は古くからお茶の産地として有名で『お茶農家さん』が朝早くから仕事にむかい、一仕事終えたところでラーメンを食べに来る。その流れで開店時間を早め、朝ラーが伝統的食文化として定着。

なかでも、朝ラーの元祖と言われているのが、老舗ラーメン店のマルナカさん。
創業は1919年と、もうすぐ100年経つよ!

その歴史と伝統的食文化とも言われる藤枝市の朝ラーは、まさしく地域の人々に愛されるソウルフード!

  • ※静岡県志太地区(藤枝市、焼津市、旧島田市)に多いことから『志太系ラーメン』と呼ぶことも。
  • ※2010年11月には、市民による任意団体「藤枝朝ラー文化軒究会」が発足。

コメントを残す