栃木県のいちご

栃木県はいちごの生産量日本一!

  • 栃木県

1968年産以降、連続日本一を記録!

栃木県はいちごの生産量が日本一。
1968(昭和43)年産以降、半世紀にわたり連続日本一を記録しています。

日本で唯一の研究機関『栃木県いちご研究所』

栃木県には、日本で唯一のいちご専門研究機関『栃木県いちご研究所』があり、いちごの品種開発が行われ、収穫量・品質の向上などの栽培技術の研究が行われています。

栃木県で栽培されているいちごの品種は、『とちおとめ』や『スカイベリー』、『とちひめ』『なつおとめ』『ミルキーベリー』『とちあいか』など。

品種によって収穫時期・季節が異なり、ほぼ一年を通し、様々な味わいのいちごを頂くことができます。

また、県内には、完熟いちごをその場で摘んで味わうことができる、観光いちご園が数多くあります。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください