山梨県のソウルフード

主に山梨県におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)のリストになります。

  • 名称
    地域
    備考
  • おざら
    山梨
    • ほうとうよりも細めの麺を冷やし、温かいつゆにつけて食べる。夏季限定が多くいわゆる『冷やしほうとう』。甲府市
    • おざら
  • カツ丼
    山梨
    山梨県の一般的な食堂の『カツ丼』は、千切りキャベツの上に揚げたてサクサクのトンカツがのってくるカツ丼がメジャーで、後掛けソースで頂く。玉子でとじた普通のカツ丼は『煮カツ丼』と呼ばれ区別されている。食文化を旅する
  • 小作のほうとう
    山梨ほか
    山梨県を中心に展開しているご当地ローカルチェーン『甲州ほうとう 小作』さん。設立1972(昭和47)年の老舗店。山梨県人が愛してやまない『ほうとう』をメインに、『馬刺し』や『煮貝』など山梨ならではの郷土料理も頂ける。甲州ほうとう 小作
  • 信玄餅
    山梨
    • きな粉をまぶした餅に黒蜜をかけて頂く。お土産ソウルフードとしても人気。管理スタッフ
    • 信玄餅
  • すもも
    山梨
    • 栽培面積、生産量ともに日本一。ちなみにすももは、桃よりも小ぶり、実は硬めで酸味が強く、植物学上は桃よりもさくらんぼに近い果物とされる。英名はプラム・プルーン。山梨県
    • すもも
  • 馬肉料理
    山梨
    古くから富士登山者のために、荷揚げ用の馬が多く飼われていたことを背景に食されてきた。馬刺しや鍋はもちろん、吉田市のソウルフード『吉田のうどん』には甘辛く煮た馬肉がトッピングされる。農林水産省 うちの郷土料理
  • ほうとう
    山梨
    • 小麦粉を練り平たく太めに切った麺と、いも・大根・にんじん・かぼちゃ・油揚げなど具沢山の野菜等を、味噌ベースのスープで煮込む山梨を代表する郷土料理。農林水産省 うちの郷土料理
    • ほうとう
  • もも
    山梨
    • 栽培面積、生産量ともに日本一。消費量も常に上位。(ちなみに消費量はダントツで福島が1位)山梨県
    • 桃
  • せいだのたまじ
    山梨県上野原市
    小粒なじゃがいもを味噌と砂糖で甘辛く煮た料理管理スタッフ
  • おつけだんご
    山梨県大月市
    小麦粉を水でといた団子と野菜の汁物料理。味付けは味噌やしょう油、塩ベースなど様々。大月市の郷土料理。管理スタッフ
  • 甲州ぶどう・
    甲州ワイン
    山梨県甲州市
  • 枯露(ころ)柿
    山梨県甲州市
    • 美しい飴色をした干し柿。特に松里地区の枯露柿は有名で、干し柿の最高峰ともいわれる。山梨県公式観光情報
    • ころ柿
  • あわびの煮貝
    山梨県甲府市ほか
    あわびを醤油で煮た(煮あわび)郷土料理。海のない山梨県には古くから、駿河湾産の海産物を塩・醤油などで保存加工して運ばれていた歴史がある。煮貝を馬の背に乗せて運ぶ道中、馬の体温に温められ、さらに運搬中の軽い揺れにより、甲府に着く頃に醤油の味と素材の旨味が程よい感じになったことから甲州・山梨の名物とされる。農林水産省 うちの郷土料理
  • 甲府鳥もつ煮
    山梨県甲府市
    • 鶏の砂肝・ハツ・レバー・きんかん等を甘辛く濃厚な醤油ダレで照り煮したグルメ甲府市
    • 甲府鳥もつ煮
  • 吉田のうどん
    山梨県富士吉田市
    • 富士吉田市の太くて硬めのご当地うどん。キャベツや馬肉などがトッピングされる。ちなみに『吉田うどん』ではなく『吉田’の’うどん』である。富士吉田観光ガイド
    • 吉田のうどん
  • ※上記の内容は、その地域におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)として、一般的に認知度が高いと考えられるもの、あるいは信頼性が高いと考えられる情報をもとに掲げていますが、あくまでも『ソウルフード.jp』の独断によるものです。
  • ※内容によりましては、今後、修正・削除する場合もあります。ご了承ください。