鹿児島県のソウルフード

主に鹿児島県におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)のリストになります。

  • 名称
    地域
    備考
  • あくまき
    鹿児島
    • 竹の皮で包んだもち米を灰汁(あく)で炊いた郷土菓子。主に端午の節句に作られる。きな粉や砂糖、黒砂糖などと一緒に頂く。かごしまの食
    • あくまき
  • 芋焼酎
    鹿児島
    • 鹿児島は焼酎王国とも呼ばれ、焼酎の生産量・消費量ともに全国トップ(しかし近年は、出荷量で宮崎に首位の座を奪われ『鹿児島陥落』という話題に)。特に芋焼酎が有名で地元では焼酎=芋というイメージ。九州焼酎島
    • 芋焼酎
  • がね
    鹿児島
    細く切ったさつまいもとその他の野菜を油で揚げたかき揚げかごしまの食
  • かるかん
    鹿児島
    • 山芋(または自然薯)と米粉、砂糖を練った生地を蒸して作る、まんじゅうやスポンジのような和菓子。中にアンが入っているものはかるかん饅頭と呼ばれ、今ではこちらの方が一般的。鹿児島市観光サイト よかとこ かごんまナビ
    • かるかん
  • 鹿児島ラーメン
    鹿児島
    • 豚骨ベースのスープにストレート麺が基本のラーメンというイメージが先行するが、ラーメン店それぞれの個性も強く、鶏ガラを使ったり、味噌ラーメンも人気があったりと様々なスタイルが特徴。人口一人当たりのラーメン店の数が九州で最も多いといわれている。ぐるたび
    • 鹿児島ラーメン
  • きびなご料理
    鹿児島
    • きびなごとは銀色の縞模様が入った10cm前後の小さな魚。刺身はもちろん天ぷらや串焼きも人気。ぐるたび
    • きびなご
  • さつま揚げ
    鹿児島
    • 魚のすり身を油で揚げた揚げかまぼこ。地元では『つけあげ』と呼ばれる。中国→琉球(沖縄)→薩摩というルーツで日本全国に広まった説など諸説あり。管理スタッフ
    • さつまあげ
  • さつまいも
    鹿児島
    • 生産量は日本一で鹿児島県を代表する特産品。地元では唐芋(からいも)と呼ばれる。管理スタッフ
    • さつまいも
  • 薩摩汁
    (さつまじる)
    鹿児島
    鶏肉または豚肉と、大根やごぼう、人参、芋(さつまいもに限らず)などの具材が入った味噌汁。鹿児島の郷土料理。ぐるたび
  • そうめん流し
    鹿児島
    • 鹿児島はそうめんの消費量が全国トップクラスと言われる。『流しそうめん(発祥は宮崎とされる)』は竹筒などからそうめんを流して頂くが、『そうめん流し』は円形の『回転式そうめん流し器』が使われ、鹿児島県指宿(いぶすき)市の唐船峡(とうせんきょう)そうめん流しがその発祥とされる。いぶすき観光ネット
    • そうめん流し
  • 鳥刺し(地鶏の刺身)
    鹿児島
    • 鹿児島県や宮崎県の一部地域で愛される、鶏肉を生又はかるく炙ったタタキ。スーパーでも普通に生食用の鶏肉が販売されているが、独自の厳しい基準のもとで加工処理されており、一般的な鶏肉とは異なる。鹿児島の食
    • 鳥刺し
  • 鶏飯(けいはん)
    鹿児島県奄美大島
    • ご飯に鶏肉、錦糸卵、椎茸、パパイヤの漬物等の具材をのせ、鶏からとった出汁スープをかけて頂く奄美大島の郷土料理。あまみ大島観光物産連盟
    • 鶏飯(けいはん)
  • 茶節(ちゃぶし)
    鹿児島県
    指宿(いぶすき)市
    鰹節と味噌に、熱い緑茶またはお湯を注ぎ、お好みでねぎや生姜などを加えて頂く、薩摩半島南部の郷土料理。かごしまの食
  • 白くま
    鹿児島県鹿児島市
    • 『対決列島最終決戦』と言えば…
      削りたての氷に練乳をかけ、フルーツや豆類を盛り付けたかき氷。『天文館むじゃき』が有名。天文館むじゃき
    • しろくま
  • 山形屋の焼きそば
    鹿児島県鹿児島市
    • 鹿児島唯一のデパート『山形屋』にある『山形屋食堂』のあんかけかた焼きそば。年間20万食を売り上げる鹿児島市民のソウルフード。みんなのごはん
    • 山形屋の焼きそば
  • ※上記の内容は、その地域におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)として、一般的に認知度が高いと考えられるもの、あるいは信頼性が高いと考えられる情報をもとに掲げていますが、あくまでも『ソウルフード.jp』の独断によるものです。
  • ※内容によりましては、今後、修正・削除する場合もあります。ご了承ください。