沖縄県のソウルフード

主に沖縄県におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)のリストになります。

名称 地域 備考 情報ソース
泡盛 沖縄 米を原料とする単式蒸留焼酎。3年以上寝かしたもの(貯蔵したもの)は古酒(クース)と呼ばれる。 管理スタッフ
イカスミ汁 沖縄 鰹ダシが効いたイカスミの真っ黒い汁物料理。アオリイカのスミと身、豚肉、ンジャナ(苦菜)が入っている。ガレッジセールのゴリさん曰く『見た目は悪魔ですけど味は天使』らしい… 秘密のケンミンショー
海ぶどう 沖縄 プチプチとした食感の粒つぶが、ぶどうの房のような感じから海ぶどうと呼ばれる海藻。クビレズタやグリーンキャビアとも呼ばれる。生で醤油や酢醤油で頂く。 管理スタッフ
沖縄そば 沖縄 そばとは呼ばれるが蕎麦粉は一切使われず、麺は小麦粉のみで、かん水または木灰(もくはい・もっかい)の上澄みの灰汁を加えて作られる。麺は太め、スープは和風出汁を基本とする店舗が多くラーメンよりはうどんに近い。 管理スタッフ
オリオンビール 沖縄 昭和32年創立、日本のビール大手5社の一つとして数えられるオリオンビール。県内では今でも5割を超すシェアをもつとされる、沖縄県民から最も愛されているビール。 管理スタッフ
亀の甲せんべい 沖縄 素朴なあっさり塩味で亀の甲羅に似たせんべい 管理スタッフ
さんぴん茶 沖縄 ベースはジャスミン茶と同じ。本場中国のジャスミン茶よりは香りも味もマイルドで飲みやすいと言われる。 管理スタッフ
ジューシー 沖縄 豚肉の煮汁と出汁で炊いた沖縄の炊き込みご飯で、クファジューシーとも言う。雑炊の場合はヤファラージューシーと言う。 管理スタッフ
シークワーサー 沖縄 沖縄の特産品。果汁は料理やドリンク、お菓子、お酒の割もの等様々なかたちで利用される。 管理スタッフ
島豆腐 沖縄 沖縄では島豆腐は様々な料理で使われる。通常の豆腐よりも、ずっしりとした重量感があり、炒め物にもばっちりな弾力と塩味、そして味の濃さが異なるという。豆腐(大豆)そのものがもつ濃厚なうまみを味わえる。 管理スタッフ
ゆし豆腐 沖縄 豆乳に海水又はにがりなどの凝固剤を加え、型に入れず固まる前のフワフワな状態で販売される豆腐。沖縄県外で言うところの『おぼろ豆腐』に近いものと考えられる。 管理スタッフ
島らっきょう 沖縄 沖縄県独自のらっきょうで、沖縄県外でとれるらっきょうよりも小さめで香りが強く、ネギのような辛味をもつ。浅漬けや天ぷら、炒め物に入れてなど、様々な食べ方がある。 管理スタッフ
ステーキ 沖縄 戦後、多くのアメリカ人が沖縄に居住することに。沖縄では当時、牛肉の関税は低く抑えられたため牛肉が安く流通。これらを背景にステーキをメインとするアメリカンスタイルのレストランなどが増えたと言われ、その名残として今でもステーキレストランが多く残っているという。(現在は牛肉の関税は引き上げられている。) 管理スタッフ
ぜんざい 沖縄 沖縄のぜんざいは金時豆の冷たいかき氷 管理スタッフ
チャンプルー 沖縄 チャンプルーとは沖縄の方言で『ごちゃまぜ』という意味。炒め物で、ゴーヤー・フー・豆腐・ソーミン等のメインとなる食材名が先頭に付き様々ある。大抵のものには『島豆腐』が入っているのも特徴。 管理スタッフ
紅いも 沖縄 鮮やかな紫色のサツマイモ。沖縄の芋類は害虫拡散防止のため、消毒しなければ生のまま持ち出すことはできない。 管理スタッフ
ポーク玉子 沖縄 缶詰のポークランチョンミート(スパム)をスライスし、玉子と一緒に焼き上げた料理。沖縄のコンビニではおにぎりとしても販売されている。 管理スタッフ
もずく 沖縄 国内で生産されるもずくのほとんどは沖縄県産と言われる。地元ではもずくの天ぷらも人気。時期によっては新鮮な生のもずく(活もずく)も頂くことができる。 管理スタッフ
ラフテー 沖縄 皮を剥がさずに豚肉を甘辛な醤油などで煮込んだ郷土料理。豚の角煮。 管理スタッフ
A&W沖縄
(エンダー)
沖縄 日本では沖縄県内のみに展開するファーストフードチェーン。ハンバーガーがメイン。独特な味わいの炭酸飲料ルートビア(アルコールは入っていない)も有名。 管理スタッフ
BLUE SEAL
のアイスクリーム
沖縄 沖縄県を中心に展開しているアイスクリームのショップ 管理スタッフ
玄米乳 沖縄県石垣島 石垣島の『玄米乳』。玄米と黒糖の健康飲料で溶けたお餅のような不思議な食感。 USIO Design Project
丸一食品 沖縄県うるま市 いなり寿司とチキンが一緒になったパック『いなりチキン』が人気 うるま時間
  • ※上記の内容は、その地域におけるソウルフード(地元が愛してやまないご当地グルメ・ローカルフード・逸品・逸店)として、一般的に認知度が高いと考えられるもの、あるいは信頼性が高いと考えられる情報をもとに掲げていますが、あくまでも『ソウルフード.jp』の独断によるものです。
  • ※内容によりましては、今後、修正・削除する場合もあります。ご了承ください。